大切なのはランチェスター戦略

兵力と損害の関係性

ランチェスター戦略は現代のビジネス構想で欠かすことの出来ないものと言えます。
「大切なのはランチェスター戦略」で事業成功のためのヒントを見つけてください。

 

彼は1914年第一次世界大戦が勃発をし、戦闘機が実戦で使用されるのを見て、 戦争でいかなる成果を戦闘機があげるのかに興味を抱くようになります。
観察してると、どちらが兵力数と武器性能により何機撃墜され、何機残るかという、損と成果 害に関しての発見します。
経済界からの関心があり、日 本におけるランチェスターの法則は1955年に『オペレーションズ・リサーチの方法』が翻訳出版されてから、大企業に対しランチェスターの理 論は中小・零細企業がとるべき経営戦略、営業戦略に応用をしたランチェスター経営などと呼び、ランチェスター第一法則の応用したものです。

 

技術者F・W・ランチェスターは1868年ロンドン生まれで王立工科大学を出たあと、ガ ソリンエンジンの研究者になり戦闘機の開発をその後にしていました。
カナダ市場へのフォルクスワーゲン社による進出とか、ケンタッキーフライドチキンの日本市場進出、など例をあげれば星の数ほどあります。
アメリカ軍は第二次世界大戦のとき、ランチェスター法則に注目する、日本軍に対するいかに効果的に戦うための戦略として大東亜戦争では使われ、多岐にわたり作戦の立案、兵器開発、兵站などの分野に使われました。
基にデータをこの空中戦を地上戦などの情報も収集した後、二つの法則を兵力と損害の関係性についてみつける、コレがランチェス ター法則デス。

 

戦後に、経済界にランチェスター戦略は多岐にわたって応用されていきます。

 

ランチェスター戦略についてある程度の知識を貴方はお持ちですか?
ランチェスター戦略の情報サイトやクチコサイトをチェックして納得のランチェスター戦略情報を探しましょう。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ