大切なのはランチェスター戦略

コンサルティングやマーケッターが多かれ少なかれ、日本発ということと大多数の企業が導入してきたこと、この理論の影響を受けてきてる事から「販売戦略の バイブル」ともいわれます。
アメリカで多数の戦略理論とか経営手法が生まれであるのだが対して原点こそランチェスター戦略は欧米ですが、ビジネス戦略として体系化づけられたのは日本です。
今から中国春秋戦国時代に2500年前、書かれたとされ、戦略のバイブルといわれる「孫子の兵法」にはじまり、古代から、戦略論にはいろいろなものがありますが、戦争をはじめて定量的、統計的、数学的にとりあつかったのが、F・W・ランチェスターです。
武器性能と兵力数が一軍の戦闘レベルとなり、研究をした結果、敵軍に与える損害量を決めることを発見します。これがランチェスター 法則です。これは第一・第二の二つから成り立ちます。
戦争を定性的にしかランチェスター以前の理論は、捉えておらず、思想、哲学、観念といったものです。
イギリス人のエンジニアF・W・ランチェスターは第一次世界大戦の頃、戦闘機の開発に従事をしていました。
自分が開発をした戦闘機が戦争でいかなる成果を あげるのかに彼は興味を持ちます。
ランチェスター戦略の原点がこのランチェスター法則です。
戦争は、はじめてランチェスターによって科学されたのデス。
わが国においてこのランチェスターをルーツにして、企業間の販売競争に勝ち残るための理論と実戦の体系として構築されたのが「ランチェスター戦略」です。


ホーム RSS購読 サイトマップ