大切なのはランチェスター戦略

企業が単に“安いだけ”の商品や“プロダクトアウト”的な画一的商品をこういった環境の変化の中で提供をしても、消費者を振り向かせることは困難になってき ております。
この時代の「流通革命」とは、メーカーと小売の実を言うとパワーゲームだったのです。

 

それでも持続的に経済が成長を続けていた際は、成長することが企業も出来ました。
「消費者起点の需要創造モデル」がそこで必要となります。
多様化・複雑化した消費者にこれから先は対応していかないと、成長どころか企業は存続さえも危ういというところまできています。

 

小売はメーカーの販売チャネルとしての役割をそういう市場環境の中、担うにすぎませんでした。

 

市場はかつて、モノがゆたかではなかった時代、メーカー主導で作られてきました。
経済の成長のほうが大 きいため、一部の消費者が振り向いてくれなかったとしても、大きな問題にならなかったのです。しかし21世紀になり、少子高齢化が進み、増加から減少へと総人口は反転しようとしています。更に、日本がかつて経験したことのない所得格差 拡大、経済の停滞(成熟)という社会環境の変化が起き、新しい時代がきてます。

 

消費者 をメーカーが教育をする、そんな時代だったといっていいでしょう。
スーパーマーケット、コンビニエンスストアが、その後、「流通革命」を起こしてきたことで、徐々に市場における小売の力はデッカくなってきます。けれども、消費者の視点はこ こでも置き去りにされました。
いままた、流通業界には、大きな変革の時期にきています。
経営を前提に考えた場合の本当の消費者視点に立ったそのありかたが問われてるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ