大切なのはランチェスター戦略

コストリー ダーで貴方があるのでしたら、それでも良いかもしれませんが、これはなかなかきつい話です。
競合他社より強いところで貴方が差別化しようやりなければ、負ける、追いつかれるのみです。
扱っている商品が小売店の場合、競合店とおなじこともあるでしょう。

 

 

安い方を競合商品とまったく同じならば、買うでしょう。
低料金だけでは英会話教室のシェアトップ、NOVAもやっていけなくなり、 値上げしました。
お客様に競合商品ではなく、貴方の商品を買う理由、競合商品との違いを訴える必要があります。

 

価値をお客様に提供をすれば買ってもらえるかというとそうもいきません。
価格競争力を持つのはすばらしい事ですけど、体力勝負に 価格のみで勝負をすると、なってしまいます。
競合が存在します。貴方の商品の方がその競合商品よりも、高い価値を提供し、お客様にそれを納得して頂く必要があります。

 

差別化を何を持ってすると言うかと、貴方の会社の能力を使うのです。
価格だけでは天下のマクドナルドだって、勝負してません。
貴方の店から買う理由をそれでも、納得していただく必要があります。そうでなければ、負けた方は退場、買った方も傷だらけ、と泥沼の価格競争になります。

 

弱みで普通、差別化することはありませんから、「差別化ポイント=あなたの強み」という事となります。
アナタだけではその価値を提供しているのはないからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ