大切なのはランチェスター戦略

地域であったり、業界とか業種であったり、また限定とは、クライアントの特性であっします。
市場セグメントはランチェスター理論において、非常に重要な概念デス。

 

たとえば、どこの分野での1位と驚異的な1位(敵に3倍以上の格差をつけてる)の強者があったとして、いえるのでしょうか。それは、圧倒的なある限定をされた市場に おける1位でしかありません。

 

だか ら、3倍をこえる格差をある県内の市場において、つけられてたとしても、セグメントを県内の何市というようにし直すことで、逆転が可能な市場を見出す事がで きるようになります。
市場セグメントの考え方と手段は、身にランチェスター戦略をつけた者にとって、最も大きなノウハウの1つである といえます。
規模は小さくても、財務基盤が強固で、利益率の高い企業がシバシバあります。それは、圧倒的1位に独自に設定した自社がいる事ができる市場を確保して いることが殆どです。

 

その市場を前提とした場合のルールを独自にし市場を設定するとは、決める事にちがいありません。
どんな時も、ある局面を前提に考えた場合の市場シェアという考え方をランチェスター戦略において します。逆にいうと、全体シェアという考え方はランチェスター戦略においては、存在しません。
自社に有利な戦い ができることは、自社が決めたルールなのなので、モチロンだと言えるとおもいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ