大切なのはランチェスター戦略

宣伝広報の部署に日本においては「マーケティング部」というような名称をつけてきた伝統のあるため、広報活動にまつわる事とマーケティングは認識をされて いますが、企画・開発・設計・ブランディング・市場調査・価格の設定・広告宣伝・広報・販売促進・流通・マーチャンダイジング・店 舗にわたって本来のマーケティングとは横断の広範な概念です。
つまりマーケティングとはそれでは一体どのような事なのでしょうか。
日本語訳にマーケティングをすると一般に「売れる仕組み」と言われてます。

 

自社のビジネスが何をどうすればクライアントにとって最適なものになるかをマーケティングをするというのは、考えるという事です(ゆえにかなり広範な概念なのです)。
いったいマーケティングとは何なのか、定義を賢く説明できるでしょうか。一般化して「マーケティング」という単語が独り歩きをした結果、マーケティングを何となく「広報のようなもの」といったいい加減な認識をしてる人も増えてます。

 

クライアントに理解・興味をもってもらった上で選んでもらうマーケティング(クライアントにとって最適化された販売活動)とはwin-winを築き上げるみたいな売る行為です。
「セリング」と「マーケティング」の二つの意味に売れるという言葉は分けて考える事が出来ます。
詐欺でも脅迫でも何でも良いからセリング(単純なる販売活動)とは何はともあれ売ってしまえという意味も含んだ、とにかく売る行為です。


ホーム RSS購読 サイトマップ